teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


支湧別岳の案内図

 投稿者:サトマサ  投稿日:2006年 7月 6日(木)20時18分42秒 j087214.ppp.asahi-net.or.jp
返信・引用 編集済
   現地の看板と夏山ガイドの案内板の○で囲われた変形十字路はエゾリスさんの
ご指摘どおり、位置が違いますね。私も、地図帖に現地の写真を入れて間違いの
ないよう、喚起いたします。
 私も、松山湿原の看板に間違いを発見しました。私は初めてのところは地図と
カーナビと睨めっこしています。山は道を聞く人がいないので大変ですね。
 エゾリスさんの写真060701の武利岳の向って右に頭をもたげているのは音更山
なんでしょうか?
 
 

支湧別岳から

 投稿者:サトマサ  投稿日:2006年 7月 5日(水)21時59分3秒 g038173.ppp.asahi-net.or.jp
返信・引用
   支湧別岳山頂からクマネシリ山塊はカシミールで見ると、エゾリスさんの写真
060701の左側(写真には写っていない)に見えるようになっているんですが?
 私のHPの写真は別角度で明らかにクマネシリではなく、同定も出来ませんので
山々としました。カシミールで見て比較してください。
 北海道大分水点」の標識は随分、立派なものですね。
 

支湧別から武利岳方向

 投稿者:エゾリス  投稿日:2006年 7月 5日(水)20時44分16秒 SODfi-01p3-171.ppp11.odn.ad.jp
返信・引用
   支湧別岳山頂からと三国山(分水点からも含む)のフォトを何枚かフォトのアルバム「風景ー山」の最初のほうへ載せました。武利岳の左には山塊がみえないのですが・・・。
 三国山の「北海道大分水点」の標識とその裏の説明文をフォトアルバム「登山ー三国山」へ載せました。アルバムは下のほうです。

http://jp.y42.photos.yahoo.co.jp/mhata77

 

エゾリスさんへ

 投稿者:サトマサ  投稿日:2006年 7月 5日(水)15時32分53秒 hokuren-yuki-s.co.jp
返信・引用
   私のHPを先に見て頂きたかったです。天気に恵まれて良かったですね。私のときは
山頂に着く間もなく、ガスってしまいました。
 沢沿いの栽培しているフキは揃いすぎていて分かりますが、登山道のフキは刈られる
運命にあるので、採っても良いのではと思っています。

 私は大きな看板の前でしばらく考えました。奥の砕石場でも入っていっても良いのかな
と思いました。夏山ガイドのイラストは見ていませんが、立ち読みしてみます。

 本文はカラマツソウと書いたのですが、写真がモミジカラマツになっていますね。早速
直します。ありがとうございます。

 クマネシリ山塊の西クマは隠れてしまっていますが、クマネシリは武利岳の尾根
のように左に見えると思います。音更山は支湧別よりも高い1760mのコブで見
えないと思います。カシミールでも確認してみました。

 私も三国山は北海道大分水点の標識が建つ前に登っています。標識は前のピークに
あるのでしょうね。
 

支湧別岳

 投稿者:エゾリス  投稿日:2006年 7月 4日(火)18時15分31秒 SODfa-04p6-33.ppp11.odn.ad.jp
返信・引用
   7/1に登ってきました。帰ってからサトマサさんのH.Pを覗いて比較してみました。
 私のときは大変よい天気に恵まれ、景色を堪能できました。
 夏山ガイドのイラストを頭に叩き込んで行ったので、大きな案内図は、車からちらっと見ただけ、ガイド本のイラストが間違っているとは夢にも思わず、次の十字路で考えてしまいました。
 車を降りて標識を見ていると、林道の名前を書いた標識に、フキは商売にしている人がいるので、無断で採取すると、窃盗で告訴することがあると書いてありました。H.P修正したほうが良いかと思います。
 モミジカラマツとあるのは、葉の形からカラマツソウかと思います。
 また、クマネシリ?となっているのは、ここからは、武利岳等に隠れてクマネシリ山塊は、見えないはずです。多分音更山等かと思います。

 7/2は、三国山を登りましたが、こちらの方が、展望は良く、あちこちの山塊がとても美しく見えました。ほとんど水が無い沢を登りますが、この時期は雪解け水のため、長靴のほうが有利でした。
 ここでは、北海道大分水点の標識があるピークを通過します。
 十勝川、石狩川、常呂川の源流地点だそうです。(標識に書いてありました)一度行かれる価値があると思います。

http://jp.y42.photos.yahoo.co.jp/mhata77

 

エゾリスさんへ

 投稿者:サトマサ  投稿日:2006年 6月27日(火)12時57分45秒 hokuren-yuki-s.co.jp
返信・引用
   日曜日に恵山に行ってきて、HPを整理中でレスが遅れて申し訳ありません。
掲示板を覗いたら、エゾリスさんの書き込みあがり、久々の書き込みなので、
嬉しい限りです。上白子反は花が多そうですね、確りした登山道もあるようで
すので、今度、登って見ます。花も覗いてみました。良く撮れていて羨ましい
です。コウライナンテンショウも種類が色々あるんですね。私は、グリーンの
と茶褐色の花の2種類しか見ていません。実は真っ赤で鬼の棍棒のようで、ユ
ニークですよね。
 

上白子反

 投稿者:エゾリス  投稿日:2006年 6月24日(土)21時22分5秒 SODfa-04p1-136.ppp11.odn.ad.jp
返信・引用
   サトマサさん、相変わらずあちこち、登っているのですね。私は6/14,6/15そして今日、上白子反を登りました。
 あまり期待していなかったのですが、ランの花が何種類もあってつい足が向きました。
 6/14はユウシュンラン、サルメンエビネが、今日は、ギンラン、サイハイラン、サルメンエビネ、ランではありませんが、実は良く見ますが、花は気が付かないことが多い***テンナンショウもありました。
 登山道は今のところ問題なく登れます。花の写真はフォト「植物ー花ー白い花」「同ー同ー赤い花」「同ー同ー緑の花」に入れました。

http://jp.y42.photos.yahoo.co.jp/mhata77

 

地図帖

 投稿者:サトマサ  投稿日:2006年 5月30日(火)21時09分2秒 j086118.ppp.asahi-net.or.jp
返信・引用
  真似して、地図と写真のプログを作りました。今一、作成が分からない?

http://blog.goo.ne.jp/asobihorokeruyama/

 

朝里屏風岳のお礼

 投稿者:サトマサ  投稿日:2006年 5月28日(日)20時12分45秒 j080047.ppp.asahi-net.or.jp
返信・引用
   ラスカル亭様へ
 ブログ見せて頂きました。てっきりスキーで行ったと思って早とちりして、
ウロコ板で行ってきました。スキーの藪漕ぎも面白かったです。シートラ気分
も味わって最高でした。前に林道の峠に屏風岳の看板がありましたが、今回は
ありませんでした。
 屏風岳の尖ったP762mは地図を見る限り、朝里天狗岳方向から冬に登れ
るのではと思って見てきましたが、ちょっとした崖で、私には不向きと諦めま
した。それにしても、今回も良い天気で小樽を見れて幸せでした。
 ありがとう、ございます。ブログのリンクは可能でしょうか?このブログは
有料なんでしょうか?無料なら、私もHPパンクしてしまいそうなので、大きな
写真とか、地図帖とかを別に作ってしまいたいですね。
 

朝里屏風岳

 投稿者:ラスカル亭  投稿日:2006年 5月28日(日)19時28分43秒 p6150-ipad309sapodori.hokkaido.ocn.ne.jp
返信・引用
  サトマサさん、朝里屏風、よくぞあの積雪で (^_^;)。しかもチャンと朝里天狗まで確認してくるとは、さすがにプロは違います(笑)。
あたしたちの先週の記録は、宣伝していないブログに載せています。参考までに。
http://blog.goo.ne.jp/cliff-on/
 

866m峰では

 投稿者:エゾリス  投稿日:2006年 4月 3日(月)07時53分14秒 SODfa-02p7-161.ppp11.odn.ad.jp
返信・引用
   ツアーですか、どこかの山岳会が遠征したのでしょうか?私が登ったときは、両山とも貸し切りでした。
 866m峰の西尾根コースですが、スキーでは、半分から上は適度な傾斜と思いますが、樹木もあるので気を付けてください。樹林帯より下は、傾斜が緩すぎるかも。
 登り1時間55分かかりましたが、2座目のため、休み休み登ったので、もっと短縮できると思います。

http://jp.y42.photos.yahoo.co.jp/mhata77

 

エゾリスさんへ

 投稿者:サトマサ  投稿日:2006年 4月 2日(日)14時54分55秒 h222012.ppp.asahi-net.or.jp
返信・引用
   エゾリスさん、今日は、サトマサです。
 黒竹山へ行かれ、更に866m峰を登られたようですね。866m峰
はツアーも入っているようです。我々が行ったときには、ツアーに先を
越され、黒竹山に変更しました。866m峰の傾斜も我々には丁度良い
スロープではと思っています。
 

あまどころさんへ

 投稿者:サトマサ  投稿日:2006年 4月 2日(日)14時48分44秒 h222012.ppp.asahi-net.or.jp
返信・引用
   HP見て頂いて恐縮します。札幌近郊の三角点100山チャレンジということ
ですが、我々は藪漕ぎ出来ないので、積雪期のみです。我々は余り人の多い山と
か時期には行かないようにしているので、会うことがありましたら、びっくりす
ることでしょうね。お互い、頑張りましょう!
 

黒竹山、866m峰他

 投稿者:エゾリス  投稿日:2006年 4月 1日(土)18時34分27秒 SODfa-01p6-41.ppp11.odn.ad.jp
返信・引用
   サトマサさんのHPを参考にして、黒竹山を登りました。ただ駐車は黒田浄水場としたのですが、その道路をさらに歩いて直接尾根を登りました。こちらのほうが、広い尾根で、樹木も少なく、登り易かったです。
 貫気別山866m峰は、浄水場からでなく、道路を戻り、行きに右へ曲がったところを、左折側の道路へ入り、少し進み留寿都→の標識から林道らしきところを歩き、866m峰の昆布岳方向へ延びる尾根から登りました。昨年黒田浄水場から登ったときは、山頂付近の痩せ尾根が怖かったですが、こちらは、広く緩い尾根で気持ちよく登山できました。貫気別山へは行きませんでした。明日にはフォトに登山866m峰を載せれると思います。
 竹山への道路、帰りに見に行きました。登りの先も除雪されたようです。通行禁止の看板はなかったのですが、1車線分の除雪なので、少し入ってみたのですが、ターンできないと困るので、すぐバックで出てきました。

http://jp.y42.photos.yahoo.co.jp/mhata77

 

初めまして

 投稿者:あまどころ  投稿日:2006年 3月30日(木)20時55分10秒 softbank218127217065.bbtec.net
返信・引用
  今晩は、初めまして。このHPに辿り着いたのは最近ですが、今では毎日に様に観させて頂き、参考にさせてもらっています。私も一昨年位から「三角点」の山に興味を持って登っています。今年になって地図上の三角点から私なりに選定した「札幌100山」を登ろうかと考えています。未だ御逢いした事は御座いませんが、偶然何処かの山で御逢いする事が有りましたら、お声掛けしますので、宜しくお願いします。  

エゾリスさんへ

 投稿者:サトマサ  投稿日:2006年 3月23日(木)20時03分25秒 j101152.ppp.asahi-net.or.jp
返信・引用
   加車山情報、ありがとうございます。
 何時か、加車山へ登りたいと、計画していましたが、大変
参考になりました。
 室蘭岳は人が多そうですので、余りスキーが上手くないわれ
われはパスかな・・・
 

カルルス加車山

 投稿者:エゾリス  投稿日:2006年 3月22日(水)16時37分16秒 SODfa-01p5-75.ppp11.odn.ad.jp
返信・引用
   今日登りました。カルルス温泉からオロフレ峠へ向かい、ヘアピンカーブになっているところの手前から、稜線へ向かって登り、稜線の尾根を加車山へ向かいました。
 道道が吹雪で通行止めのため、カルルス温泉のチェーン脱着場へ駐車、ヘアピンカーブまで約1時間5分、ここから山頂まで1時間15分でした。
 ポイントはヘアピンのカルルス側から稜線を目指すこと、(100mくらい手前のほうが傾斜が緩い)頂上台地へ出るところが急で、時計廻りに廻り込むこと、稜線へでたところへ目印を付け、降り場所がわかるようにしておくことでしょうか。
 今日は天気予報は太陽ずらりなのに、山頂手前で吹雪となりました。
 稜線へ出る手前に、テープの目印を付けたのですが、帰りに見落としたようで、帰りはこのあたりかなと下ったところ、尾根1つ峠側で、こちらは途中に谷があり渡れず、やむなく少し戻る羽目に。
 白老岳の下りをスキーで下りれるなら、ここも大丈夫だと思います。

 話は変わりますが、室蘭岳も冬は、西尾根と夏道の中間に冬道ができ、スキーやボードで多くの人が楽しんでいます。

http://jp.y42.photos.yahoo.co.jp/mhata77

 

pirikaさんありがとう

 投稿者:サトマサ  投稿日:2006年 3月19日(日)20時48分6秒 h222087.ppp.asahi-net.or.jp
返信・引用
   pirikaさん、情報ありがとうございます。私は「車両進入禁止」の看板
のあるところから、先を見ずに引返してしまいました。残念です。
 四季彩街道が通年開通になれば、白老岳やホロホロ山の近くも登れます
ね。来年ですね。鬼を笑わせ無ければ!
 

瓦斯山の件

 投稿者:pirika  投稿日:2006年 3月19日(日)10時44分44秒 L105254.ppp.dion.ne.jp
返信・引用
   サトマサさん、こんにちは。お元気そうですね。HP拝見いたしまして2月19日の瓦斯山は四季彩街道の「車両進入禁止」で引き返しましたか?「〇」になっていましたので…
私どもは1月29日に瓦斯山に登っていますよ。車両進入禁止の看板から先に進んだ涼風橋には大きなゲートがあり毎年ここまで車は入れます。赤川林道の分岐地点になっています。
もう雪が少なくなってるかもしれませんが一応お知らせいたしました。四季彩街道は今年から通年開放の予定とのことですので楽しみですね。雪が段々少なくなってしまいますがもう少し楽しみましょう!(今年の私はさっぱりです)
 

エゾリスさんへ

 投稿者:サトマサ  投稿日:2006年 3月14日(火)21時12分35秒 h223124.ppp.asahi-net.or.jp
返信・引用
   エゾリスさん、今晩は、登まで除雪されていたのですが、旭野へ行く
道はまだ除雪されていませんでした。登の農家も廃屋が多く、離農が
進んでいるのではないでしょうか。
 立派な舗装された農免道路なので、春の農繁期になると除雪が始まる
のではと思います。
 今回は、ちょっと天気が悪かったですが、よかったです。
 

竹山で旭野への道

 投稿者:エゾリス  投稿日:2006年 3月14日(火)21時02分22秒 SODfa-04p5-249.ppp11.odn.ad.jp
返信・引用
   竹山へ行くのに、旭野への道が除雪されていなかったとのこと、昨年は5月でしたが、地図の赤線の始まりを、さらに直進して行く道が除雪されていたのですが、この道は除雪されていませんでしたか?
 旭野には防雪林?防風林?で囲まれた民家と思われる建物が結構あったのですが・・・。

http://jp.y42.photos.yahoo.co.jp/mhata77

 

雪の字さんへ

 投稿者:サトマサ  投稿日:2006年 3月13日(月)21時12分0秒 g038237.ppp.asahi-net.or.jp
返信・引用 編集済
   樺太のサイトの充実を願っています。泥川関係者の消え行く
記憶を私が一部記録したに過ぎないのです。泥川の人達も、ご
高齢ですが、まだまだ、泥川へ行く計画のようです。私もまた
誘われているのですが、決心がつきません。

 また、戦没者の遺骨収拾をされている方から、年だからもう
出来ないので、引き継がないかと言われたこともありますが、
自分には荷が重すぎて、断りましたが、誰かがまだやらなけれ
ばならないことには違いないのですが・・
 

お返事ありがとうございます

 投稿者:雪の字  投稿日:2006年 3月12日(日)21時42分12秒 r-202-142-234-41.commufa.jp
返信・引用
  仰るとおり、樺太を扱ったサイトは本当に少ないようです。
そして、インターネット広しと言えど、泥川について紹介したサイトは、恐らくサトマサ様の所の他に無いと思います。
誰かが語り継がなければ、そこにいた人たちの想い出は消えてしまいます。それが嬉しい事であれ、悲しい事であれ。
アソビホロケール山というサイトを通じて、泥川という土地に生きた人たちの想い出と出会えた事を、心から嬉しく思います。

サイトの趣旨とあまり関係ない書き込みになってしまい、失礼いたしました。
今後とも宜しくお願い致します。

http://jouluruusu.hp.infoseek.co.jp/karafuto/index.html

 

稀府岳の情報ありがとうございます

 投稿者:サトマサ  投稿日:2006年 3月 7日(火)21時14分2秒 j086131.ppp.asahi-net.or.jp
返信・引用
   エゾリスさん、今晩はサトマサです。
 稀府岳の情報ありがとうございました。わざわざ、写真まで載せて
頂き恐縮です。
 私も登ってみたいのですが、地図で見る限り、南西尾根から登らな
いと山頂直下が急過ぎますね。
 今年は、近くの天気が悪く、日高方面の天気が良いので仕方が無く
遠出をしています。冬は近くが無難なんですが。
 

稀府岳に登ろうとしたコース

 投稿者:エゾリス  投稿日:2006年 3月 7日(火)16時11分53秒 SODfa-04p6-77.ppp11.odn.ad.jp
返信・引用
   サトマサさんの行動力には感心しています。最近の登山記録をみると、冬でもかなり遠くまで出かけているようですね、エゾリスは、冬は近くをチョロチョロするだけです。
 最初のとき、奥様のお名前間違えてしまい申し訳ありませんでした。前にプロフィールを見て、うろ覚えで書いてしまいました。

 さて、稀府岳ですが、養鶏場の駐車場は、施設の入口にあり特に断りませんでした。来客の駐車場みたいですが、事務所からは見えないところです。
 心配でしたら、国道から登った道路で左折するところの付近にも駐車できそうです。右の尾根から登るならこのほうが近いでしょう。
 エゾリスが登ったコースおよび到達地点をフォト>登山>稀府岳へ載せてあります。参考まで。
 本当は、右の尾根に目を付けていたのですが、養鶏場の施設が立ち入り禁止になっていて、右の尾根に取り付くことができず、やむなく養鶏場を左から回り込み中央(正面)の尾根からアタックしました。帰りにどこから右の尾根に取り付けるか観察したところ、左折地点を左折して、すぐ右側から続く尾根でした。
 断念した理由は、前夜の降雪と急斜面です。スノーシューで登ったのですが、最後のところが、白老岳の山頂への登りを直登する程度の斜面で、前夜の新雪が50cmほどあり、足を進めても、前の位置までずり落ちてしまい、前へ進めない状態となりました。スキーならジグを切ったり、エッジがついているので、横になって登れるのでしょうが、シューは横にすると、よけい登れません。登り始めから2時間10分ほどのところで、シューでは、回り込むコースも見当たりませんでした。
 以前クリオネさんが登ったマップをコピーしたはずなのですが、見つからず、URLからも削除されていました。
 右側の尾根からは尾根幅はわかりませんが、傾斜はそれほどでもないと思います。

http://jp.y42.photos.yahoo.co.jp/mhata77

 

雪の字さんへ

 投稿者:サトマサ  投稿日:2006年 3月 6日(月)20時05分29秒 i216064.ppp.asahi-net.or.jp
返信・引用
   樺太のHPは見たことがなかったので、びっくりしています。
 私のHPに載っているのは相棒の生まれ故郷の泥川に行った
ときの旅行記程度ですが、お役に立てば幸いです。
 

稀府岳

 投稿者:サトマサ  投稿日:2006年 3月 6日(月)20時00分28秒 i216064.ppp.asahi-net.or.jp
返信・引用
   エゾリスさん、今晩は、山行報告をHPにUPしていましたので、遅く
なり申し訳ありません。
 稀府岳はまだ登っていないのですが、養鶏場に車を停める許可が出る
のでしょうか。駐車出来ると山頂は真南から登ると楽かなと思っています。
 また、スキーでと思っていますが、今期はもう雪が融けて無理でしょう
ね。敗退したとのことですが、どの辺まで行かれたのでしょうか。また、
その理由は雪が無かったとかでしょうか。
 四方嶺は今期は間に合わないようなので、来年の楽しみでしょうか?
 

サイト拝見致しました

 投稿者:雪の字メール  投稿日:2006年 3月 4日(土)10時28分49秒 r-124-18-173-9.commufa.jp
返信・引用
  はじめまして。突然の書き込みにて失礼致します。
当方、日本統治時代の南樺太について扱うウェブサイトを運営致しております者です。「樺太」のキーワードで検索し、こちらのサイトへ辿り着きました。

早速ですが、もし宜しければ当方のサイトよりリンクさせて頂けませんでしょうか。
当方よりのリンクつきまして、何らかの不都合がございましたらご連絡下さい。ただちに対応致します。
お手数をお掛け致しますが、どうか宜しくお願い致します。

ご連絡方法がわかりませんでしたので、掲示板にてリンクのご報告をさせて頂きました。場違いな書き込み、お許し下さい。

http://jouluruusu.hp.infoseek.co.jp/karafuto/index.html

 

稀府岳

 投稿者:エゾリス  投稿日:2006年 3月 4日(土)07時49分36秒 SODfa-01p9-94.ppp11.odn.ad.jp
返信・引用
   四方嶺、登るのはスキーで大丈夫です。熊牧場で一旦脱ぐ必要がありますが。
 下りは、滑るというより歩くほうが多いかも・・・。雪が溶けないうちにお早めに。
 エゾリスも日和山の先から外輪山へ登ろうとしたのですが、途中のピークで時間切れ敗退しました。まだ日暮れが早い時期だったので。

 3/3に稀府岳に挑戦しましたが、敗退しました。この様子は、yahoo初期画面>掲示板>アウトドア>登山・クライミング>登山クライミング全体>北海道林道と登山道の情報>稀府岳 へ載せました。こちらも雪溶けが早いです。

http://jp.y42.photos.yahoo.co.jp/mhata77

 

エゾリスさんへ

 投稿者:サトマサ  投稿日:2006年 3月 2日(木)21時42分58秒 j102170.ppp.asahi-net.or.jp
返信・引用
   竹山の登山口良く分かりました。ありがとうございます。

 四方嶺は、日和山の所から登ろうとしたのですが、スキー板を入れる
隙間を探すのに苦労しました。外輪山まで行き、四方嶺には行かず下山
しました。お寺からなら560m峰よりちょっとましな程度と言うことは
スキーでも大丈夫かもしれませんね。

 さぎり湯は知りませんでした。今度、入って見ます。
 

登別の温泉銭湯

 投稿者:エゾリス  投稿日:2006年 3月 2日(木)16時38分51秒 SODfa-04p7-20.ppp11.odn.ad.jp
返信・引用
   そうそう、登別温泉の第一滝本などの、日帰り入浴は、1回話のたねに入浴するには良いでしょうが、値段が高く度々はとてもとてもと言う場合は、温泉街の真ん中に、さぎり湯という、天然温泉を引いた銭湯があります。
 駐車場もあります。入浴料390円、駐車料金無料、定休日はないようですが、たしか、12時から13時は掃除のため入浴できなかったはずです。
 泉種は2種類、サウナもあります。  エゾリス

http://jp.y42.photos.yahoo.co.jp/mhata77

 

四方嶺

 投稿者:エゾリス  投稿日:2006年 3月 2日(木)09時47分51秒 SODfa-01p6-22.ppp11.odn.ad.jp
返信・引用
   四方嶺ですが、窟太郎は登っていないのですが、登別で言えば、560m峰よりちょっとましな程度、スキーよりスノーシューのほうがよいかと思います。
 山頂から日和山方面へ抜けられるそうです。私は行きませんでしたが、見た感じではやさしそうでした。(スノーシューなら)

 竹山ですが、私が登りはじめたところと、その場所の写真をURLのフォト最新登録へいれましたので、ご参考まで。ホームページをと思って挑戦しているのですが、公開がうまくできなくて・・・。  エゾリス

http://jp.y42.photos.yahoo.co.jp/mhata77

 

エゾリスへお礼

 投稿者:サトマサ  投稿日:2006年 3月 1日(水)20時21分40秒 j100138.ppp.asahi-net.or.jp
返信・引用
   エゾリスさん、ようこそ!山の情報ありがとうございます。
 竹山は昨年3月に登ろうと、郵便局から右に行くと、直ぐ農家の庭先でだめ、
次の、登からみギに入ると、何かの施設で行き止まりで、かなり距離がありそ
うなので止めました。旭野から行けば良かったかなとも思っています。
 四方嶺もスキーで登るにはお寺あたりが良いと目を付けていますが、そんなに
藪でしょうか。窟太郎山よりも藪でしょうか。
 上白子反の分岐で右に入る予定でしたが、何故か左を辿り、一番傾斜がきつい
ところから取り付いてしまい、失敗でした。夏道があるのなら、春先にでも行って
見ようかな。
 貴重な情報、ありがとう、ございます。
 

携帯電話

 投稿者:サトマサ  投稿日:2006年 3月 1日(水)19時59分49秒 j100138.ppp.asahi-net.or.jp
返信・引用
   「山行記録の電話OK」は誤解されるかなと思っています。山頂で、相棒がドコモ、
私がJホーンで、自宅を呼び出すのですが、ドコモに勝ったことはありません。
 ただし、沢筋では繋がらないと思った方が良いようです。山仲間ではauも繋がり易い
という人がいますが、使ったことがないので、わかりません。
 それと、数十センチ位置を変えるだけで、繋がったり、繋がらなくなったりしています。
 参考にならなくて、申し訳ありません。携帯電話もそうですが、GPSも心強いですね。
 

竹山

 投稿者:エゾリス  投稿日:2006年 2月28日(火)13時48分25秒 SODfa-04p6-80.ppp11.odn.ad.jp
返信・引用
   サトマサ・サトエリさん初めまして。登山のところ参考にさせてもらっています。昨年の黒竹山のところで、次は竹山へ登りたいとなっていましたが、その後登られていないようですね。
 竹山は国道230号札幌からだとルスツスキー場の手前の別荘のあたり、泉川からたしか旭野と何とかの標識で左折し、かなり走ってから右の道を走り、除雪してある終点から40分ほどで山頂へ到着です。昨年5月3日につぼ足で登りましたが、この日が限界で、雪を探しながらの登山でした。もっと早いほうがよいと思います。スキーに適しています。スノーモービルも走り回っています。
 山頂からの太平洋側の山のパノラマはすばらしいです。地図を持っていけば山座同定に時間が必要でしょう。
 先日日和山へ行きましたが立入禁止でした。
 四方嶺も下から(中登別瀧泉寺付近から)登れますが、スキーでは、木が邪魔です。羆が餌をねだっていました。
 上白子反は夏道があります。保安林管理道路に入りすぐ左と、15分ほど歩いたところの2ヶ所から一巡できます。この管理道路はカムイヌプリ登山口→幌別ダムへ繋がっていますが、車では通行不可です。
 

携帯電話

 投稿者:冬山初心者  投稿日:2006年 2月27日(月)21時11分33秒 i219-164-19-148.s02.a001.ap.plala.or.jp
返信・引用
  サトマサさん はじめまして 質問なのですが 山行記録に出ている 携帯電話OKのマークはドコモでしょうかauでしょうか? 教えて下さい。 単独で山に行く機会が増えたため携帯電話購入を考えているのですが、 auのMY割にしようかと思っています。 auは山で使えるでしょうか、単独行は胆振管内が多いです。  

HPの容量不足

 投稿者:サトマサ  投稿日:2006年 1月19日(木)22時11分9秒 j084145.ppp.asahi-net.or.jp
返信・引用
  低山大好きさん 今晩は!地図も写真も大きくしたいのですが、
アサヒネットの100MBをはみ出して、増殖中なので、困って
います。
 何処かの無料HPに登録して、山の地図帖を作ろうかとも思っ
ています。何時になることやら、期待しないで待っていて下さい。
 

ログ

 投稿者:低山大好き  投稿日:2006年 1月18日(水)13時37分45秒 DANfr-146p008.aurora-net.or.jp
返信・引用
  サトマサさん こんにちは
地図とログが入ったんですね
以前から 載せてほしいなぁと思っていました
地図が 大きくなるともっといいのになぁと思ってます
よろしくお願いしまーす
 

中山峠の境山と次の979mピーク

 投稿者:サトマサ  投稿日:2005年12月23日(金)21時07分8秒 g037250.ppp.asahi-net.or.jp
返信・引用 編集済
   長谷川さん、わざわざ辺境のHPまでお越しくださいまして、嬉しい
限りです。おっさんとおばさんのHPは私も何時も見ています。写真が
大きくて、綺麗で見て楽しいですね。私は写真を最小限にしないと懐が
パンクしてしまうのを恐れて小さくしています。残念ですが・・・

 境山は境岳ではなかったでしょうか?天気の良い日に行かれて羨ましい
限りです。送電線は無かったですか。結構送電線が無くなっているところ
が多いですね。HPにアップしましたら、また、見に行きます。
 

ありがとうございました!

 投稿者:こめっとのおっさん  投稿日:2005年12月22日(木)19時39分0秒 p3123-ipad32sapodori.hokkaido.ocn.ne.jp
返信・引用
  サトマサさん こんばんは  中央区のおっさんです!初めての書きこみです。
こちらのページを参考にさせていただき、中山峠の境山と次の979mピークまで行ってきました。

サトマサさんが登られた時には天気が悪くて境山で引き返されていますよね、でもそのページで「晴れていれば景色が良いはずなんです」と書いてありました。まさにその通りでした、途中の疎林帯はとても綺麗でしたし、遠くの山々も素晴らしかったです。どうもありがとうございました。

そう言えば地図に載っている送電線はありませんでした。最新の地図にはもう載っていないのかな~?

http://www3.ocn.ne.jp/~khase/

 

朝焼け

 投稿者:サトマサ  投稿日:2005年12月21日(水)20時27分51秒 j103160.ppp.asahi-net.or.jp
返信・引用
   坂野さん、お待たせしました。朝焼けの写真を何処に掲載しようか迷って
いて、返事が遅れました。
 私の雲のページに貼り付けてみましたので、覗いてください。朝日と真っ直
ぐ立った虹というのか雲というのか分かりませんが、一応、彩雲としました。
 坂野さんお朝焼けのページも楽しみですね。出来たら見に行きます。

http://www.ne.jp/asahi/masa-kei/asobihorokeruyama/kumo.htm

 

サトマサさま、おはようございます

 投稿者:坂野(男)  投稿日:2005年12月15日(木)08時41分45秒 59x158x3x137.ap59.ftth.ucom.ne.jp
返信・引用
  早速のお返事ありがとうございます。

こちらは、最近デジカメを買ったので、朝焼けの撮影にハマってます。
あるていどまとまったらUPします。

ショカンベツ岳、夕張岳、日高連峰、恵庭岳、などなど、
微妙に光が変化していくのが面白いですよー。
では、また。

http://hw001.gate01.com/kami-noppo-ro/

 

坂野さん、ようこそ

 投稿者:サトマサ  投稿日:2005年12月13日(火)21時00分48秒 j103030.ppp.asahi-net.or.jp
返信・引用
   NHKで木地挽山の放送をしていましたか。お目に留まって、光栄です。
 早速、坂野さんのHP拝見させていただきました。余りにも多種多様な
ので、びっくりしています。
 坂野さんの遊び惚け方には私もタジタジと言ったところです。栗山の不動
の滝まで、足を運んでいるんですね。実は私もつい最近行って来たのですが、
木で出来た「成墾記念碑」の近くを通りかかったときのことですが、碑の中か
ら水の流れる音が聞こえるんです。よくよく聞いて見ると滝の音が反射して
碑の中から聞こえてきていることが分かりました。
 誰も見逃している、聴き逃している?音を聴いて満足でした。

 これから、冬も綺麗な世界が広がります。お互いに面白い体験をしましょう。
 

はじめまして

 投稿者:坂野(男)  投稿日:2005年12月12日(月)23時00分16秒 59x158x3x137.ap59.ftth.ucom.ne.jp
返信・引用
  今朝、NHKの中継で『木地挽山』という所が出ていたので、検索してみたらこちらのサイトにたどり着きました。『アソビホロケール』というタイトルで、よく父・母が言っていた言葉を思い出しました。

また、こちらのHPは低山のレポートがとっても詳しく、雪がとけたらさっそく利用させていただきます。ありがとうございました。

それから、私の方は札幌在住で、近所の食べ物中心のHPを不定期更新していましたので、よかったら覗いてみてください。

http://hw001.gate01.com/kami-noppo-ro/

 

低山大好きさんへ

 投稿者:サトマサ  投稿日:2005年11月15日(火)19時43分12秒 j103236.ppp.asahi-net.or.jp
返信・引用
   窟太郎山の直ぐ傍まで、車で行ける林道があるなんて知りませんでした。
 機会ががあったら、雪の無い時に是非行ってみようと思っています。
 日和山は立ち入り禁止ではありませんでしたか?船見山、笠山から日和山
はハイキングコースとしては良いですね。冬も良かったですよ。
 

窟太郎山

 投稿者:低山大好き  投稿日:2005年11月14日(月)09時26分57秒 DANfr-147p004.aurora-net.or.jp
返信・引用
  サトマサさん 土曜日行ってきました
孵化場から遠回りをして地図に載っている林道を走り
山頂直下290mまで車で入れました
古いのや新しい笹刈の跡もあり 踏み跡はしっかり付いていました
頂上も広く刈り分けされていて のんびり出来ましたよ
帰りはまっすぐ孵化場へ続く林道を通ってきました
で 歩き足りなくて 日和山と船見山も登っちゃいました
よかったですよ 日和山

ありがとうございました
またお願いしますね
 

低山大好きさんへ

 投稿者:サトマサ  投稿日:2005年11月 8日(火)21時43分22秒 h222152.ppp.asahi-net.or.jp
返信・引用
   窟太郎湖周辺は登別からも登ってみましたが、意外と藪だらけでした。
 窟太郎山も最後は藪でした。低山大好きさんなら、辿り着けると期待
しています。山行報告を楽しみにしています。天気が良ければ良いので
すが・・
 

窟太郎山

 投稿者:低山大好き  投稿日:2005年11月 8日(火)21時31分57秒 DANfr-147p087.aurora-net.or.jp
返信・引用
  ちゃんとできましたね
さっきのは何でダメだったのかしら
 

窟太郎山

 投稿者:低山大好き  投稿日:2005年11月 8日(火)21時27分48秒 DANfr-147p087.aurora-net.or.jp
返信・引用
  サトマサさん ありがとう 届きました
今週末も天気悪そうですね
寒くて雨も雪に変わりそう
さてさて これはちゃんと投稿できるかな?
 

今晩は北の大地さん

 投稿者:サトマサ  投稿日:2005年10月17日(月)20時40分29秒 j085206.ppp.asahi-net.or.jp
返信・引用
   雌阿寒も良い山ですね。温泉も硫黄臭くて体に良さそうですね。スキー場
の白湯山も紅葉が綺麗で、コオロギもまだいますよ。これからは低山が中心
で、道南方面もまだまだ楽しめますよ。
 しかし、今年は休みになると天気が悪くすっきりした気分になれませんで
した。冬も晴れると綺麗なのですが、是非、見てやってください。
 

レンタル掲示板
/5