teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


ご無沙汰しています

 投稿者:山内廣美  投稿日:2019年 2月17日(日)17時22分49秒
返信・引用
  毎日寒い冬日が続いていますが皆様お変わりございませんか。
寒さが苦手の小生は外に出ることも少なくなっています。

各地の梅花の便りも聞かれ始めました。
我が家の小さな古木の梅の枝にも、いつの間にか沢山のつぼみ
がまーるく膨らみ数輪が開花しました。

庭の木に小鳥などめったに見かけなかったのですが、今日はつがい
なのでしょうか、メジロが二羽飛んできて、10秒ほど梅の枝を
ちょんちょん飛んでまた何所かに飛び去っていきました。

春遠からずを感じた次第です。
 
 

謹賀新年

 投稿者:茂又弘道  投稿日:2019年 1月 4日(金)19時12分24秒
返信・引用
  明けましておめでとうございます。
平成最後の年賀のご挨拶を申し上げます。
来年の新年にはどんな年号が記載されるのか興味がありますね。
さて、このページに投稿されている皆様の作品は興味深く拝見
させて頂いております。
本年もより多くの作品をお待ち申し上げます。
当方のPC疲れ気味の状態ですので近いうちに更新の予定です。
 

小川さんの俳句

 投稿者:黒沢吉信  投稿日:2018年12月29日(土)12時49分46秒
返信・引用
  小川さんの俳句が終了との事残念です。出来たら続けて下さい。楽しみにしていました。
ところで、我が家の霜柱今年は大きく結晶しません。12月に3回結晶しましたが、例年に比べ小さいです。ご笑覧いただけたらと思います。
 

八戸 日曜朝市

 投稿者:黒沢吉信  投稿日:2018年12月19日(水)14時44分29秒
返信・引用 編集済
  12月に冬の八戸市・陸奥湊での日曜朝市に行ってみたいと思っていましたので、大人の休日クラブを利用して、もの好きにも寒い時期を選びでかけました。
 今回は家内も行くというので津軽鉄道のストーブ列車に乗り金木にある太宰治の生家「斜陽館」にも寄ってきました。
この後青森は大雪になりましたのでその前でラッキーでした。以前にストーブ列車は掲示板に載せましたので今回は八戸の朝市のみ写真を紹介しました。ご照覧ください。

http://

 

津軽・下北の旅(最終回)

 投稿者:木村 堯  投稿日:2018年10月30日(火)19時34分55秒
返信・引用 編集済
  今回の旅最終日は、本州最北端の竜飛崎から、JR五能線に乗車する為、ホテルから
延々バス移動でした。このバスのドライバー、これまで私が体感したことがない程、
素晴らしいテクニック、バスガイドも落ち着いた声で案内してくれました。
バスの中で昼食を取り、鯵ヶ沢駅に到着。ここから千畳敷駅経由で、最終目的の、
「鶴の舞橋」を目指します。
最初の写真は、鯵ヶ沢駅前の看板です。ロシアのメドベージェワで一躍再認識された
秋田犬が描かれていましたが、この辺も秋田犬の産地なのかも知れません。
JR五能線は千畳敷駅で下車、日本海の千畳敷海岸散策が真ん中の写真です。
ここからバスで今回旅行のハイライト鶴の舞橋です。この橋は平成6年2月8日に完成
した、津軽富士湖に架かる日本一の木造三連太鼓橋で、全長300mの見事な橋でした。
後方に見えるのは津軽富士・岩木山の雄姿です。
この所天候不順が続いていたので、気候を心配していたのですが、夜間に雨が降った
日もありましたが、3日共日中は好天で、最高の旅行でした。

 

津軽・下北の旅(その2)

 投稿者:木村 堯  投稿日:2018年10月27日(土)08時53分16秒
返信・引用
  今回は2泊3日の旅程でしたが、二日目は主として海上クルーズでした。
朝ホテル出発は、フェリーの時間の関係で7:30でした。
下北半島最北端大間崎のやや南の佐井港から出港、神秘的な岩が立ち並ぶ仏ケ浦に上陸し、
ガイドの案内で散策しました。写真を1枚しか掲載出来ないのが誠に残念です。
この後、むつ湾フェリーで陸奥湾を横断して、津軽半島最北端竜飛崎に到着しましたが、
ここは常時強風なんだそうで、帽子が飛ばされそうでした。真ん中の写真は竜飛崎灯台です。
3枚目の写真は竜飛崎の湾内で、奥に見えるのは北海道です。
この日のホテルは大鰐温泉郷で、青森ヒバ香る露天風呂を満喫しました。
 

本州最果て、津軽・下北の旅

 投稿者:木村 堯  投稿日:2018年10月23日(火)08時43分7秒
返信・引用
  JR東日本のPR映像を見たとかで妻が、青森県五能線沿線の「鶴の舞橋」に
行きたいと言うので、数年ぶりにこのコースを含む団体旅行に参加しました。
その折の写真を、数回に分けて掲載します。
写真上から順番に、日本三大霊場の一つ「恐山」の神社です。
もしかしたら、黄泉の世界はこんな所かと言うような気持で散策しました。
2枚目は本州最北端の標柱で、向こうに見えるのは北海道です。
3枚目はマグロで知られる大間崎のモニュメントです。
 

aiueo

 投稿者:木村 堯  投稿日:2018年10月20日(土)18時23分46秒
返信・引用
  aiueo  

鹿児島市内を観光してきました

 投稿者:山内廣美  投稿日:2018年 9月23日(日)10時13分19秒
返信・引用 編集済
  私の家の近くに母智丘神社と云う小さな神社があります。
本宮は宮崎県都城市にあり、先日参拝してきました。
NHKで大河ドラマ「西郷どん」を放映しているので、
ついでに鹿児島市まで足を延ばしました。
桜島にも行ってみたかったのですが、台風の影響で、島へ渡る
フェリーが欠航。市内観光バスで西郷ゆかりの地を巡ってきました。
鹿児島市を代表する一つ桜島は、滞在中は残念ながら、写真でご覧
のように、雲に隠れ半分位しか見ることができませんでした。

仙厳園は薩摩藩歴代の藩主が暮らした島津家の別邸で、目前の桜島を
築山に、錦江湾を池に見立てた壮大な大名庭園、28代島津斉彬が鉄製
大砲製造のための反射炉跡、藩主とその世子(長男)だけが通ることを
許された、屋根を錫で葺いている錫門などを見ました。
御殿では、国内外の賓客をもてなした部屋や藩主の部屋などを見ました
(写真は御殿外観)。

ちょっと珍しいものを見かけました。市内を走る市電の軌道敷に芝が
植えられているのです。
バスガイドさんの説明では、道路との併用軌道区間9kmが写真の
ように緑のじゅうたん。都市景観の向上、潤いと安らぎの空間創出
などを目指しているとのことです。


 

横田基地 友好祭 オスプレイcv22

 投稿者:森田 欣佐  投稿日:2018年 9月21日(金)10時34分52秒
返信・引用
  ご無沙汰しております。
9月16日 横田基地 日米友好祭がありました。
友好祭は基地が一般に開放される数少ない機会で毎年数万人を集める
人気イベントとなっております。
今年はオスプレイが展示され来場者の長い行列が出来ました。
オスプレイの飛行も披露があり、写真に収めましたのでご高覧
くださいませ。

 

レンタル掲示板
/59